DTR AUTOMOTIVE

HOME

バッテリーに関する一般的な知識

バッテリーについてもっと知りたい
お客様へ情報をご提供致します。

自動車バッテリーの構造

バッテリーの構造

  • 1
    基板(GRID)
  • 2
    極板(PLATE)
  • 3
    エンベロープセパレーター(ENV.SEPARATOR)
  • 4
    ストラップ(STRAP)
  • 5
    極板群(ELEMENT)
  • 6
    電槽(CONTAINER-B.P)
  • 7
    上カバー(FINAL COVER)
  • 8
    カバー(MAIN COVER)
  • 9
    インジケーター(INDICATOR)
  • 10
    端子(TERMINAL)
  • 基板(GRID)
    活物質を支持して発生した電気を伝導する鉛合金板
  • 活物質(Active Material)
    硫酸と反応して充電・放電をする物質
  • 陽極板(Positive Plate)
    陽基板に活物質を塗布した状態
  • 陰極板(Negative Plate)
    陰基板に活物質を塗布した状態
  • セパレーター(隔離板)
    陽極板と陰極板の間に位置し、
    直接接触によるショートを防止。
    特にエンベロープセパレーターは陰極板を覆っており、
    活物質による陽極板とのショートを防止。
  • 極板群
    陽極板+隔離板+陰極板の順に積み上げ、
    ストラップに溶接した極板の集まり。
    • Cell当たりの起電力は約2Vの電圧が発生。電圧は極板の
      大きさや枚数に関係なく一定。
    • 車両用の12Vバッテリーにはこの極板群が電槽の
      中に6つが直列に接続されています。
  • 電解液(Electrolyte)
    電解液は陽極板と陰極板の反応を起こして電気を発生
    させたり、電気を伝導する役割をします。
  • 電槽(Container)
    電槽は電解液と極板群を貯蔵する容器で、
    主にプラスチック材質を使用します。
    • - 内部は隔壁によって分割されており(12V → 6等分/6V → 3等分)、
      電槽の底にはサドルが付いています。

その他バッテリー部品

  • カバー
    バッテリー内部の電解液が漏れないように
    電槽の上部を覆う部品。
    カバーには電解液注入口(Filling Hole)とガスや蒸気を
    排出するリータンホールが設けられています。
  • 上カバー(Final Cover)
    カバーの上部を最終的に覆う部品。
    Return Holeを通じて排出されたガスと 蒸気は迷路型構造を通じて
    分離され、蒸気は再びリータンホールを通じて バッテリー内部に
    還元(H2SO4)、ガス(水素、酸素)は ガス抜きホールを通じて
    排出されます。
  • 防爆フィルター(Flame Arrester)
    上カバー内部に取り付けられ、爆発防止機能をする部品。
    排出されたガス(水素、酸素)は燃焼性がありますが、
    ガス抜きホールを通じて外部に排出される前に
    高密度気泡構造で構成された防爆フィルターにより排出断面積を減らし、
    爆発を防ぐ機能をします。
  • インジケーター(Indicator)
    上カバー上部に取り付けられ、バッテリーの状態を示す部品。
    • 緑:50%以上の充電量で正常
    • 黒:50%以下の充電量で補充電が必要
    • 白:寿命終止(要交換)