DTR AUTOMOTIVE

HOME

バッテリーの管理ノウハウ

最高のバッテリーをより良く管理するノウハウを集めました。

充電方法

状態確認

  • 計器盤の表示灯を確認して、バッテリーが正常か、充電すべきか、または交換すべきか確認します。
    正確な点検を行うためには、電圧計を使用してください。
  • バッテリーのインジケーターが黒で表示されたら補充電が必要です。
    また、電圧が12.4V未満の場合、補充電が必要な状態です。
* バッテリーの充電は注意が必要な作業です。充分な知識や経験がない場合、販売店や取扱店でサービスを受けてください。

定電流充電

補助充電量の計算方法
  • 充電量
    C = C20 * D * 1.2
    ⓐ C : 充電量 (Ah)
    ⓑ C20 : 20時間容量
    ⓒ 1.2 : 120 % (係数)
    ⓓ D : 放電率 (%)
  • 充電時間
    T = C / A
    ⓐ T : 充電時間 (Hr)
    ⓑ C : 充電量 (Ah)
    ⓒ A : 充電電流( (A)
        (A = C20 * 0.05)
  • 例) MF80D26L(70Ah / 20Hr)開放回路電圧12.40V充電方法は?
    ⓐ 充電量 : 70Ah * 0.25 * 1.2 = 21.0Ah
        (25%放電、表1参照)
    ⓑ 充電電流( : C20 * 0.05 = 3.5A(表2参照)
    ⓒ 充電時間 : 21.0Ah / 3.5A = 6.0Hr
表1. 充電状態
OCV [V] 充電状態
12.75 100%
12.4 75%
12.2 50%
12.0 25%
11.9 放電
表2. バッテリー容量別充電状態による充電電流
充電状態 OCV [V] ~ 40Ah
2.0A
50Ah ~
2.5A
~ 60Ah
3.0A
~ 70Ah
3.5A
~ 80Ah
4.0A
~ 90Ah
4.5A
~ 100Ah
5.0A
100% 12.75
75% 12.4 6時間
50% 12.2 12時間
25% 12.0 18時間
放電 11.9 24時間

定電圧充電

  • ⓐ 電圧 : 14.4 ~ 16.0V
    ⓑ 電流:10A以下
    ⓒ 充電時間 : 12時間以上(一般バッテリー)
  • ⓓ 充電終了
         バッテリーが正しく充電されているか次のとおり知らせます。    
           – 充電中は表示灯が緑色で、電流が1.0A未満です。
           – 安定化した状態で開放回路の電圧が12.7V以上

注意事項

  • 陽極(+)充電器ケーブルはバッテリーの陽極(+)端子に接続し、陰極(-)充電器ケーブルは陰極(-)端子に接続します。
  • バッテリーは常に風通しの良い場所で充電してください。
  • 激しいガスや電解液が噴出したら、一時的に充電を減らすか停止してください。(可能なバッテリー故障)
  • バッテリーの温度は必ず50℃未満でなければならず、50℃以上に温度が上昇した場合、数時間(1~2)充電を中止した後、50℃以下の温度で続けてください。