DTR AUTOMOTIVE

HOME

バッテリーの管理ノウハウ

最高のバッテリーをより良く管理するノウハウを集めました。

バッテリーの点検方法

バッテリーの点検

製品状態表示窓(インジケーター)の状態を点検し、インジケーターの状態によって措置してください。
  • 良好
    製品の状態は良好です。
    そのまま使用してください。
  • 要充電
    製品を振っても正常な状態にならなければ、充電が必要です。
  • 要交換
    寿命が尽きた状態か、過剰な充電により電解液(硫酸)が蒸発した状態です。車両を点検した後、バッテリーを交換してください。
* 製品状態表示窓が緑色(正常状態)を示しても始動しない場合、販売店または取扱店で点検を受けてください。

清潔状態点検

  • 端子が腐食(サビ)していないか確認してください。腐食が発生した場合、鉄ブラシなどでサビを除去し、腐食防止剤を塗ってください
  • バッテリーカバーの上部に過剰なほこり、異物、液漏れなどがないか確認してください。これを除去する際は、必ず濡れた布で拭いてください。
  • バッテリートレーに腐食が発生していないか確認してください。腐食している場合、「バッテリー交換方法」に従ってバッテリーを取り外した後、トレーの腐食物を取り除き、バッテリーを装着してください。
* バッテリートレーの腐食がひどい場合、バッテリーの損傷または電気系統の異常による電解液(硫酸)漏れの可能性があるため、バッテリーおよび車両の電気系統に異常がないか確認してください。